ヤリ友候補の幅を広げてより豊かなタダマンをするために

セックスフレンドとのセックスは純粋に肉体的である必要があります。恋愛感情なしにセックスするというのが、セフレの鉄則であることは間違いありません。

ここで、セフレ初心者となると、自分とセックスフレンドの双方が恋愛感情なしでセックスしなければならないと考えがちですが、このような固定観念にこだわっていると、セックスフレンド候補の幅を狭めることになります。

セックスフレンドの固定観念を破壊しなければならない

セフレガイドとしては、こういった固定観念の持ち主に対しては「セックスフレンドというのは、一方だけが恋愛感情なしにセックスすれば成立する人間関係である」ということをお伝えしたいと思います。
セックスフレンドという関係性においては、「恋愛感情を持ったほうが負け」です。
男性が恋愛感情を持った場合は「恋愛感情なしにセックスをしている女性からセフレの関係を断たれる傾向」があり、女性が恋愛感情を持った場合は「恋愛感情なしにセックスをしている男性に騙されながら性処理の道具として扱われて捨てられる傾向」があります。

セフレガイドに導かれやがて一人のセフレガイドに転生する

この「一方が恋愛感情を持ってしまった」という状態に起こりがちな末路を理解していれば、それを意識的に利用したセフレゲット、セフレキープなどが可能になります。
セフレガイドである私の考えでは、この「一方だけが恋愛感情がある」という状態で形成されるセフレ関係こそが、上級者のセフレ関係です。
レベルの高い上級セフレとの関係性を築くことに慣れてきたならば、一人のセフレガイドとしてセフレ初心者を導くこともできるでしょう。
https://ezhcginjection.com/